当サイトでは、携帯性にすぐれ、高い効果が期待できる水素水ボトルを売上ランキング順に紹介しています。
水素水を飲む女性 水素水は水素が抜けやすいのが弱点ですが、飲む前に水素水を作れば抜けません。

手軽に持ち運べるボトルタイプで、高濃度な水素水を召し上がってください。

水素水人気ランキング

  1. H.Bottle

    溶存水素濃度 4.0
    生成時間 5.0
    初期費用 3.0
    コスパ 5.0
    価格:
    55,000円(税抜)
    最高で1.5ppm!

    電気分解式の水素水ボトルにて、最高クラスの水素水濃度です。しかも3分間という短時間で高濃度な水素水が出来ます。

    カップラーメンを作る時間で高濃度な水素水が出来上がり!一度に作れる水素水は300cc。一度に飲むにはちょうどよい適切な量です。

    また、コムロ美容外科の小室先生もH.Bottleの愛用者。美容と健康にH.Bottleを使っているそうですよ。

    H.Bottle高濃度水素水
    コストは、1日50円なので、5回飲んだら1回10円!!他と比べてみてもらえばわかりますが、激安です。この水素水ボトルに勝てる生成器ってないのでしょう。

    初期費用はかかりますが、容器の材質が本物志向であること、高濃度な水素水が生成できること(最高で1.5ppmも可能)を考えると、電気分解式の水素水ボトルとしては、最高の一品です。

    品質の高い携帯水素水ボトルをお探しなら迷わずH.Bottleです。

    矢印H.Bottle



  2. セブンウォーター

    溶存水素濃度 5.0
    生成時間 2.0
    初期費用 5.0
    コスパ 4.5
    価格:
    5,600円(税抜)30回分
    (水素濃度判定試薬付き)
    安くて高濃度!
    水素水の比較で迷うことがありますが、一番大切にしたいのは高濃度であること

    そして、飲み続けたいからリーズナブルであること。私がセブンウォーターを選んだ理由は、水素水が簡単に作れて、7.0ppmというとんでもない高濃度で、アルミパウチよりも安いからです。
    セブンウォーター公式サイト

    「セブンウォーター」は、水素の飽和限界値1.6ppmを大きく越える、7.0ppmを作りだすことが出来ます。(同じく7.0ppmを作りだす水素水に「アキュエラ水素水7.0」があります。両者の比較はコチラ → アキュエラとセブンウォーターの違い

    セブンウォーターは、市販されているアルミパウチ水素水の約7倍の濃度です。

    濃度が7倍なのに低価格。だから、私はセブンウォーターを飲んでいます。
    矢印セブンウォーター


  3. gaura walk

    溶存水素濃度 4.0
    生成時間 5.0
    初期費用 5.0
    コスパ 5.0
    価格:
    34,800円(税抜)
    高濃度でおしゃれな水素水ボトル
    やっと登場しましたガウラの水素水ボトル。もちろん溶存水素濃度は1.0ppm以上が期待できますし、生成時間も3分と高性能。そして価格がなんと3万円台という。

    かなり良心的に販売してくれます。gaura walkの良さは、水素水濃度が高いのはもちろんですが、水道水をそのまま入れても大丈夫なのも嬉しい。コスパが最高ですよね。

    そして、今までの水素水ボトルはなかなかデザインがよろしくなくて・・・でもgaura walkを見て下さい。おしゃれです。色も10色から選べますから自分の好きな色を選べます。

    私は、明るい色が好きなので黄色を選びましたが、これは人それぞれの好みですので、好きな色を選択してください。(私が買ったガウラウォーク

    ガウラウォークの予約
    水素水濃度が高く、生成時間も短く、そしておしゃれ。さらに、価格も3万円台と言う嬉しい特徴のオンパレード。ガウラさん、ありがとうございます。

    ちなみに購入についてですが、36回まで金利手数料が0円です。分割で購入した場合、毎月1,000円の支払いで良いのです。アルミパウチなら、毎月5,000円以上は必要なのに・・・

    このコストパフォーマンスの良さで、そして水素水が濃くて、水素水が飲み放題。作る手間がいりますけど、スイッチ押して3分待てばよいだけです。

    迷っている間に、売り切れるかも知れませんよ。私もガウラウォーク買いました! ガウラウォークのレビュー

    矢印H.Bottle



  4. 水素水サーバー「ポケット」

    溶存水素濃度 3.5
    生成時間 4.0
    初期費用 3.0
    コスパ 3.0
    価格:
    54,000円(税込)
    ポケットは、有名人使用率No.1!
    水素濃度は700ppbと落ちますが、手軽さとかわいらしさから、人気があります。宣伝効果で知名度が一番高いことあるのかも知れませんが、この水素水ボトルは継続的に売れてます。テレビでも医療系のドラマの小道具としてよく見かけます。デザインが良いからでしょうね。持っていても自慢できるデザインですからね。

    矢印水素水サーバー ポケット



  5. Bambi-バンビ-

    溶存水素濃度 4.0
    生成時間 3.5
    初期費用 3.0
    コスパ 4.0
    価格:
    49,800円(税抜)
    携帯用水素水が進化した!
    バンビが作り出す溶存水素濃度は、電気分解式の水素水では高水準の1.4ppm!この携帯用水素水のバンビの特徴は?
    • 水素濃度が濃い
    • 持ち運べる
    • 水道水が使える
    • 電気分解特有の臭いをカット!
    • 他の容器でも使える
    • デザインが選べる
    水素水選びで、濃度は最優先です。

    1.0ppmを超える電気分解式の水素水ボトルは少ないですから、文句なしの合格点です。そして、付属容器以外の他の容器でも使えるというのも嬉しいですね。

    バンビなら生成部分だけを取り出せるので、お父さんとも(笑)シェア出来る!(するかどうかは別にして・・・)
    バンビ公式サイト
    水道水がそのまま使えるし、デザインもかわいいし。オフィスにもっていっても違和感ありません。そしてデザインも選べます。

    気になるコストですが、購入時に支払えば、あとは1日1円以下の電気代だけ。電極部分が摩耗してきて3年程度で交換が必要になるそうですが、その時は8,900円(税抜)で綺麗にしてくれるそうです。

    電極交換が必要になる3年目まで使ったとして計算しても、1日50円程度のコストで使えます。

    矢印バンビ

高濃度水素水ボトル

ボトル型水素水生成器の中では、H.Bottleが一番高濃度の水素水を作りだせます。H.Bottleの売りは、高濃度水素水と素材の質。高級なボトルで高級な水素水を飲むことが出来ます。

H.Bottle高濃度水素水
H.Bottleは、溶存水素濃度1.6ppmの高濃度水素水を生成することができます。コムロ美容外科の先生も飲んでいるとは・・・なかなか興味深いですよね。

矢印H.Bottle

7.0ppm超高濃度水素水

水素水を飲む理由はなんでしょうか?

水素水に含まれる水素で、悪玉活性酸素を除去するためです。そのために、水素がたくさん入っているのが一番です。水素水を選ぶときに第一に気にしてもらいたいのは、溶存水素濃度です。

濃度が低いよりも高い方が良いのは明らかです。その後、携帯性はどうか、コストパフォーマンスはどうか、そういう点を検討するのが良いでしょう。まずは溶存水素濃度が高濃度であることを気にかけて下さい。

溶存水素濃度で選べば、セブンウォーターです。セブンウォーターは、なんと、飽和水素濃度の1.6ppmを通り越し、7.0ppmの超高濃度水素水が作れます。

7.0ppmの水素水も蓋を開けたら1.6ppmに下がってしまうと紹介している人がいますが、あの人たちはセブンウォーターを使ったことがないようです。私は実際に、セブンウォーターで水素水を作り、自分で水素濃度を測りましたから。

超高濃度水素水を作った時のレビュー記事はこちら → セブンウォーターのレビュー

また、ペットボトルに入った水素水は意味がないという人もいます。それは、正解です。ペットボトルに入って市販されている水素水に、水素は入っていません。

ですが、セブンウォーターはペットボトルに入れて水素水を作っています。製造過程でペットボトルを使うだけですので問題ありません。

と言っても、水素水を生成した後、1週間以上も放置すると水素は徐々に抜けていきますから、セブンウォーターも生成後は1週間以内に飲む方が良いでしょう。

超高濃度の水素水が作れるセブンウォーターですが、実は1.0ppmあたりに換算するとコストパフォーマンスは結構良いんですよ。アルミパウチを買って飲むよりも断然安くすみます。

飽和水素濃度には飽きた。もっと高濃度の水素水を飲んでみたい!そんなときは、セブンウォーターを飲んでみて下さい。私は、セブンウォーターが一番効果高かったです。高濃度なだけに、他の水素水では勝てないでしょうね。

矢印セブンウォーター

水素水のランキング

溶存水素濃度順、コストパフォーマンス順のランキングがあります。水素水ボトル購入時の参考になさって下さい。
水素水売上 溶存濃度 コスパ
当サイトでの売上個数順。人気の水素水がわかります。 水素水の濃さ順。高濃度な水素水がわかります。 1ppm当たりのコストを計算。一番お得な水素水がわかります。
水素水ボトル売上ランキング 水素水ボトル濃度別ランキング 水素水ボトルコスパ別ランキング
また、アルミパウチの水素水はこちらのランキングをどうぞ。

アルミパウチランキング

水素水の選び方

高濃度の水素水を飲みたい方

高濃度水素水を飲む
水素水を飲む理由はなんでしょうか?

水素水に含まれる水素で、悪玉活性酸素を除去するためです。そのために、水素がたくさん入っているのが一番です。水素水を選ぶときに第一に気にしてもらいたいのは、溶存水素濃度です。

濃度が低いよりも高い方が良いのは明らかです。水素水を選ぶ際は、まずは溶存水素濃度が高濃度であることを気にかけて下さい。それが、水素水選びの第一優先として頂きたい。

溶存水素濃度で選ぶのであれば、H.Bottleが良いでしょう。水素水ボトルでは最高濃度の1.5ppmの水素水を生成でき、またボトル自体も高品質です。

矢印H.Bottle

コスパ最優先の方

500ccあたりのコスパと初期費用を考えれば、ハイドロライトH2がおすすめ。

初期コストが29,800円と携帯型水素水生成器の中では大変お値打ちな水素水ボトルです。溶存水素濃度は0.7ppmですが、アルミパウチの水素水を飲むのと遜色ない水素水が飲めます。

矢印ハイドロライトH2

バランスが優れた水素水ボトル

水素水濃度も合格点(1.0ppm以上)で価格も3万円台と言う、水素水の効果も高くお財布にも優しいバランスの一番取れている水素水ボトルは、gaura walkです。

おしゃれなボトルで持ち運びも楽々。どこにでも持っていけるデザインは素晴らしいと思います。私、大好きです。

矢印H.Bottle

水素水の効果

水素水の効果水素水は、悪玉活性酸素に反応し無害化する機能を持っています。活性酸素のうちでも、善玉には反応せず、諸悪の根源である悪玉活性酸素にのみ反応してくれる優れものなんです。活性酸素は、人間の体にとって必要不可欠な存在です。体外からのウィルスや細菌をやっつける際に必要となるものなのですから。

ただ、現代社会において、公害や食品添加物等、この活性酸素が増える原因が多すぎる。そして、余分に残ってしまった活性酸素が悪玉となって、自分自身を傷つけることになってしまったのです。また悪玉活性酸素は強い酸化力があります。ですので、血液中のコレステロールを急激に酸化させ、ドロドロ血のもととなり、動脈硬化等の原因にもなります。

そして、悪玉活性酸素は遺伝子にまで手を付けます。遺伝子を傷つけ、がんの元にもなっているのです。元来活性酸素は、がんの元を退治してくれる善人だったのです。それが、余剰活性酸素の悪玉活性酸素が出来ることにより、逆にガンの元になってしまっています。

今までは、この悪玉活性酸素を抗酸化酵素等を摂取することにより、無害化できる部分もありました。しかし、抗酸化酵素は悪玉だけではなく善玉も除去してしまうのです。これでは、折角の活性酸素の効果までもなくなってしまいます。

そこで、悪玉だけを取り除く水素水が注目を浴びるようになったわけです。

また、水素水は還元水ともいわれています。酸化の逆ですね。ですから、水素水を体に付けることによって、シミやシワを防いだり老化の防止にもなるのです。現代の生活において、本当に必要となってくるのはこの水素水ではないでしょうか。出来るだけ多くの方に水素水を飲んで頂きたい!

水素水は、どれを選んでいただいても同じ水素が入っています。水素に良質なものも悪質なものもありませんし、いろんな種類があるわけでもありません。

水素水選びで迷った時は、高濃度のものを選ばれると良いでしょう。通常気圧常温で1.0ppm以上の水素水が高濃度と言われています。1.0ppm以上の水素水を飲まれることをおすすめします。
↓私が特におすすめする水素水ボトル↓
矢印H.Bottle