ボトル型水素水生成器の中で、水素発生剤を使った水素水ボトルをランキングしました。

このランキングは、当サイトから売れた売上ランキングです。

水素発生剤式 水素水ボトル ランキング

  1. アキュエラ水素水7.0

    溶存水素濃度 5.0
    生成時間 4.0
    初期費用 5.0
    コスパ 3.0
    価格:
    6,800円(税込)30回分

    水素水は濃度が命!

    水素水の購入で、いろいろ比較する部分はありますが、一番大切にしたいのは高濃度であること

    体の為に水素水を飲むのですから、濃い水素水を飲むのが体には一番良いのです。

    アキュエラは、水素の飽和限界値1.6ppmを大きく越える、7.0ppmを作りだすことが出来ます。(同じく7.0ppmを作りだす水素水にセブンウォーターがあります。両者の比較はコチラ → アキュエラとセブンウォーターの違い

    超過飽和状態の水素水です。

    1.0ppmを超えると高濃度と言われている水素水。その7倍もの濃い水素水を飲むことが出来ます。このことは何を意味しているかと言うと、少ない水で多くの水素を取り込むことが出来るということです。

    アキュエラは7.0ppmです。もし、0.5ppmの水素水で同じ水素量を摂取する為には、なんと14本飲まないといけません。経済的にも優れていることがわかって頂けるでしょう。

    アキュエラの経済性
    そして、アキュエラはリピート率が大変高い!93%の方がリピートしています。

    水素水を飲むなら効果の高い高濃度水素水です。作り方も簡単。キットが届くとワクワクしますよ。

    私もアキュエラ水素水7.0を飲んでいます。
    飲む前に簡単に水素水が作れる、水素濃度もしっかり確認できる。楽しい!

    興味のある方は、↓私のアキュエラレビュー記事も読んでみて下さい。
    アキュエラ水素水7.0のレビュー





  2. 7Water(セブンウォーター)

    溶存水素濃度 5.0
    生成時間 2.0
    初期費用 5.0
    コスパ 3.0
    価格:
    6,048円(税込)30回分

    水素水は濃度が命!

    出来上がる水素水については、アキュエラと同じです。

    ここでは、違いだけ簡単に説明します。(詳細な違いについてはこちらをどうぞ → アキュエラとセブンウォーターの違い
    セブンウォーター アキュエラ
    溶存水素濃度 7.0ppm 7.0ppm
    生成時間 12時間(5.0ppm)
    24時間(7.0ppm)
    10分(5.0ppm)
    24時間(7.0ppm)
    作り方 水素発生剤を入れるだけ(簡単) 水素発生剤を中容器に入れて生成する(少し手間)
    水以外の使用 不可能 可能
    対応可能な飲み物はこちら
    溶存水素濃度判定試薬 なし 1,500円相当の判定試薬つき
    価格 6,048円(税込) 初回
    5,832円(税込) 2回目以降
    6,800円(税込) 初回
    6,900円(税込) 2回目以降
    水素水が出来るまで時間はかかりますが、簡単に作れて安く飲めるのはセブンウォーターです。(ボトルは最初に2本付いてきますから、交互に飲めば毎日水素水が飲めますので生成時間は気にする必要はないかも知れません。)

    手軽にコストを抑えて高濃度の水素水を体験したい方はセブンウォーターがオススメです。

    矢印セブンウォーター




  3. Personal 2007

    溶存水素濃度 4.5
    生成時間 5.0
    初期費用 4.5
    コスパ 3.0
    価格:
    16,200円(税込)10回分付
    水素水濃度は、3.0ppm程度と若干落ちますが、それでも市販の水素水と比べると高濃度の水素水が作れます。

    初回費用がかかるのがネックですが、発生剤は安い4千円程度と若干安め。

    全てが中間の位置にある商品なので、若干オススメしにくい商品です。
    Personal 2007 通販サイト




水素発生剤式水素水ボトルの特徴

電気は使いません。充電の必要もありません。水素発生剤を使用して水素水を作ります。

初期費用なしで気軽にスタートすることが出来まます。また、水素発生剤を使ったボトル型水素水生成器は溶存水素濃度が極めて高いことが特徴です。

アキュエラ水素水7.0」や「セブンウォーター」は、世界最高濃度の水素水です。

アルミパウチのお試し購入は、とても安くて魅力的ですが、2ヶ月目からは通常価格になります。

あまり知られていませんが、アルミパウチの2ヶ月目以降の金額を考えると、「セブンウォーター」の方が安いんですよ。安くて高濃度なんですから、どちらを選べばお得かおわかりですよね?

水素水を作るのが楽しい、作るのは手間だと思わないって言う方は、水素発生剤式の水素水を選ぶと良いでしょう。

水素水は何の為に飲むのか?という原点に戻れば、水素水は高濃度にすべきであることがご理解頂けると思います。

私は、水素発生剤式の水素水ボトルをオススメいたします。

矢印セブンウォーター