1. Gyms Sylkey(ジームスシルキー)
    溶存水素濃度 3.5
    生成時間 5.0
    初期費用 3.0
    コスパ 5.0
    価格:
    57,240円(税込)
    楽天ポイント還元:
    5,720p

    たった3分で900ppbの高濃度水素水に!

    生成時間が短いジームスシルキーの超絶オススメポイントは、水素水を生成する時間です。なんとたったの3分で900ppbの溶存水素濃度を持った水素水を作り出してくれます。もう、今すぐに高濃度の水素水が飲みたいんだ!って人にはたまらない速度ではないですか?

    それでも、もっと早く飲みたいって言う方は、ジームスシルキーは1分で水素水が出来るモードもあります。ただ、少し溶存水素濃度が落ちてしまい、500ppbにはなりますが、1分で水素水というのはもう驚きでしかありません。
    矢印ジームスシルキー

    熱湯も水素水に出来る

    熱湯も対応熱湯が対応している水素水ボトルは、ジームスシルキーしかないでしょう。従来の携帯型水素水生成器ではお湯は不可能でした。ジームスシルキーでは熱湯も水素水にすることが出来ます。

    水素水は、温度が高くなると飽和量が低くなるため、溶存水素濃度も当然下がってしまいますが、それでも3分で550ppbの溶存水素濃度になります。

    熱湯が水素水になるのであれば、紅茶やコーヒーが水素水入りで飲めるということですね。水素水の使い方が広がりますよね。

    塩素臭も消します

    特殊セラミック水を電気分解した時に、塩素臭がしてしまって水がまずくなるってことがあります。ジームスシルキーは、水道水からでも美味しい水素水を飲んでもらいたいので、特殊セラミックを搭載し、水道水の臭いを軽減します。

    水道水を使わない場合は、セラミックを入れる必要もないので、水道水の時にお使い下さい。この特殊セラミックは、1日1リットルの水素水を作った場合は、3年持ちます。交換する場合は、3,000円です。ランニングコストとしてはリーズナブルですね。

    矢印ジームスシルキー

    ジームスシルキーのコスパ

    ジームスシルキーは買い取りの水素水生成器です。ですから、長く使えば使う程安くなるのですが、今回はバッテリー交換とフィルター交換が必要となる3年で計算してみたいと思います。

    もちろん3年以降は、バッテリーとフィルターを交換したら使い続けられるので、今回計算するコストよりも安くなります。ちなみに、バッテリーは4~5年で交換で7,000円(税別)フィルターは1日1リットルの使用で3年で交換、3,000円(税別)です。

    本体代が57,240円(税込)で3年間飲み続けたとすると1,095回飲めますね。

    57,240円 ÷ 1,095 = 52.3円/日

    ジームスシルキーはどれだけ使っても1日52.3円です。一度に作れる水素水は350ccですが、3分で作れますから、飲めばまた作るを繰り返して1リットル飲んでも、同じ52.3円です。

    また、水道水も対応していますから、ミネラルウォーターを買う必要もありません。1日50円程度で飲める水素水は激安ですね。

    矢印ジームスシルキー