1. マジックポット

    溶存水素濃度 3.5
    生成時間 4.5
    初期費用 3.5
    コスパ 4.0
    価格:
    37,800円(税込)
    マジックポットの利点は、水素の生成時間が短いこと。たった3分で500ppbの水素水が出来上がります。5分も稼働させれば700ppbの水素水になるんです。

    出来立てが飲みたい、だけど待ち時間は短い方が良いに決まっている!そんな方にお勧めなのが、このマジックポットです。

    クリクラのマジックポットは、ローコストであるのも特徴の一つ。計算式は後述しますが、1回に付き500mlの水素水を作るコストは35円です。たった35円で出来上がる水素水。これはお値打ちですね。

    それから、これは個人的な意見ですが、公式ページで紹介している女性がかわいいです。水素水に直接関係することではないので、聞き流して頂ければ良いですが、イメージって大切ですものね。

    水素水の水素には、良い水素や悪い水素なんてものはありませんし、種類もありません。そこに存在するのは、H2という水素分子です。

    出来るだけ濃いものを手軽に作り出して飲む。そして、コストが安いに越したことはありませんよね。

    マジックポットがボトル式で少し残念なのが、メインユニットが必要なこと。ボトルだけ持ち運んでも水素水を作ることは出来ません。一緒にメインユニットを持ちはこばなくてはいけないので、携帯用としては不向き。自宅でしか作ることが出来ないと考えた方が良いですね。

    持ち運ぶことはなく、手軽に水素水をローコストで考えている方には良いですね。

    矢印マジックポット

    簡単に水素水が作れる

    マジックポットは、簡単に水素水が作れます。
    その過程を少しご紹介しますね。

    マジックポット1マジックポット2マジックポット3

ミネラルウォーターをセットして、電源を入れ、スイッチを押す。

たったこれだけです。後は、3分待てば出来上がり!(高濃度の水素水を作りたい場合は、5分待って下さい)

マジックポットで残念なのは、ミネラルウォーターしか使えないことでしょうか。

もしも、お茶やスポーツ飲料にも使いたい!という方は、少し初回のコストは上がりますが「ポケット」を検討されても良いかも知れません。トータル的なコストは「ポケット」の方が安いです。

水素水を実際に作っている動画はコチラです。

矢印マジックポット

マジックポットはコストが安い!

マジックポットのお値段は、35,000円(税別)3万円台で買えるボトル型生成器は嬉しいですね。

これは、水素水生成器としては激安です。この価格で、水素水を作る機械が買えるのは嬉しいことですね。

しかも、5分待てば700ppbの高濃度水素水が出来上がるので、機能的にも問題ありません。

1回あたり35円で水素水が出来るのですが、ローコストの計算しておきますね。

マジックポットのコストは、初回費用の35,000円。そして、1,000回に1度、メインユニットを交換しなければいけませんから、1,000回使用後に12,000円(税別)必要です。

それ以外は、電気代とお水代でしょうか。

1,000回までは、交換の必要がない為、35,000円を1,000回で割ると、1回あたり35円となるわけです。

1,000回以降は、メインユニットの交換が12,000円ですから、1回あたり12円になりますね。

これに、ミネラルウォーター代が必要ですが、浄水器をお使いであれば、その水でも構いません。仮に購入されるのであれば、500mlのミネラルウォーター代をプラスしてお考え下さい。

矢印マジックポット

デザインがシンプルでスマート

マジックポットの利点として、私はデザインが一番ではないかと思います。

水素水というのは、水素が入っているということで、どの商品も同じ水素水を作るんですよね。

では、後は何の違いがあるかというと、高濃度であるとか持ち運べるとか、そういう点になるんです。

そして、ご自宅にセットするのであれば、自分の部屋の雰囲気にマッチするかどうか、大きすぎて邪魔にならないか等です。

このマジックポットは、とってもオシャレです。

マジックポットはスマートなデザイン

どうですか?どんなお部屋にもなじむシンプルなデザイン。

朝起きて、まずはクリクラのマジックポットに水をいれ、スイッチを押す。

朝から、水素水を飲んでリフレッシュできる、そんな生活が想像できそうです。

矢印マジックポット