1. 「アキュエラ水素水7.0」ppm
    溶存水素濃度 5.0
    生成時間 4.0
    初期費用 5.0
    コスパ 3.0
    価格:
    6,800円(税込)30回分
    「アキュエラ水素水7.0」ppmは、水素量でNo1の水素水です。

    現在、アキュエラの溶存水素濃度を超える市販の水素水はありません。「アキュエラ水素水7.0」ppm がトップです。(「セブンウォーター」という水素水も最高の7.0ppmの水素濃度を誇ります。両者の比較はこちら → 「アキュエラ水素水7.0」と「セブンウォータ」の比較

    今から、アキュエラ(aquela)の素晴らしい部分を語っていきますが、一言で言えば、高濃度の水素水が一番効果が高いので、「迷ったらこれを飲んでおきましょう」ってことです。

    私も飲んでいます。(アキュエラ購入記はこちら

    後のうんちくはどうでも良いのです。水素水の効果を感じたかったら高濃度の水素水を飲めばよいので、アキュエラを飲んでおきましょうってことになります。

    ということで、今からうんちくです。
    読まなくてもわかっている、すぐに公式サイトに行きたいんだという方は、以下のリンクから公式サイトを訪問して下さい。

    水素水7.0ppmの公式サイト

    通常、水素の飽和値は1.6ppmと言われています。通常気圧での測定ですね。それが、aquelaの場合は7.0ppmですから、ものすごい過飽和状態です。

    業界No1の圧倒的な高水素濃度になります。

    濃すぎても平気なの?って思われる方もいるかと思います。
    ですが、ご安心下さい。水素はもともと体内でも作られるものです。

    水素は濃すぎても問題ありませんし、たくさん取り過ぎても問題ないのです。

水素水を選ぶ基準は濃度だけ

ボトル型が良いとか、ウォーターサーバー型が良いとか、アルミパウチに入ったものが良いとか。
そういう使い勝手について検討すると、使用環境によって変わってくるかと思います。

ですが、水素水の効果のことだけを考えると、水素水は濃度が命です。

「水素」事態に種類があったり、品質の良し悪しはありません。
どんな水素水の商品を見てもらっても、入っている水素は同じ水素原子2個が集まってできた水素分子です。
どの商品もそれは全く同じ水素が入っています。
では、どこで水素水を見分けるのか。

溶存水素濃度で見分けるのです。

水素水として販売されている商品の中には、公表している数値と異なるものもあるそうですね。
ほとんど水素が入っておらず、ただのミネラルウォーター化しているものもあるのだとか。

その点、aquelaは違います。
高濃度の水素水をわかって頂く為に、「世界初の水素濃度判定試薬」がついてきます。
ご自身の目で、水素濃度を確かめることが出来ます。
安心して、超高濃度の水素水を体験してみて下さいね。



判定試薬については公式サイトでチェックしてみて下さい。

出来立ての水素水が飲める

水素水の効果は驚くべきものがあります。
ですが、水素水には弱点があります。
それは、水素水の水素は抜けやすいってことです。

水素はこの世の中で一番小さな分子です。
ですから、密封されていたとしてもペットボトルであれば通過してしまい時間が経てば抜けていきます。

その点、アキュエラ水素水7.0ppmは、自分でボトルに水素発生素材を入れて、水素水を作ります。
出来立てホヤホヤの水素水を飲むことが出来ますから、水素水の弱点である抜けてしまう心配もありません。

仮にそのまま放置したとしましょう。その場合、1時間に1ppm程度抜けていきます。
3時間経過した後でも、高濃度と言われる1ppmを下回ることはないので、いつでも高濃度の水素水が飲めます。

アキュエラ水素水7.0ppmは、持ち運びが出来るボトル型ですので、好きな時に水素水が作れます。
また、水だけじゃなく、お茶・オレンジジュース・アイスコーヒー・青汁・スポーツドリンクなど、好きな飲み物に水素を添加出来ます。

aquelaが選ばれている3つの理由

7.0ppmという桁違いの水素濃度

6つの特許技術にて、水素の限界飽和量とされている1.6ppmを大きく超える7.0ppmという超過飽和水素水を作り出しています。
市販されている水素水商品と比べ、約70倍の濃さです。
水素水は、1.0ppmもあれば高濃度と呼ばれています。
それが、7.0ppmもあるのですから、超高濃度ですね。

水素濃度
これは、週刊文春の2013年2月28日号の記事です。

水素水5.0というのが、aquelaの水素水です。当時の商品名が水素水5.0だったので。
ここで見て欲しいのが、他の商品が0.1ppm ~ 1.2ppm程度なのに対して、aquelaはしっかり5.0ppmを確保していることです。

水素水7.0ppmは、作り立てで5.0ppmですが、24時間冷蔵庫に寝かせ、その後ボトルを振れば7.0ppmの水素水を作りだせます。
この測定では、作り立てであったので、5.0ppmという数値になっています。

ダントツの水素濃度ですね。

プロが選んだ高スペック水素水

水素水7.0ppmは、超高濃度の水素水が認められ、健康に携わる様々な分野のプロに使用されています。
特に、「水素水7.0ppm」は、リウマチの専門家である石橋博士が臨床試験に使用している他、大学・病院・製薬会社・研究機関等でも、水素水の効果・効能が研究され、国内外で200を超える論文が発表されています。
今後も、ますます増えていくでしょう。

医学専門書
医学の最新研究論文が掲載される医学専門誌(CURRENT PHARMACEUTICAL DESIGN誌)において、水素水7.0ppmが用いられた研究が紹介されています。

最高のコストパフォーマンス

アキュエラのコスト比較
市販されている水素水では、0.5ppmで350円程度のものが売られています。

もし、水素水7.0ppmと同じ量の水素を摂取しようとした場合、上図のように、市販の水素水を7リットルも飲む必要が出てきます。

7リットルの水素水は、さすがに毎日飲むのはきついですよね。

いくら水素水は体に良くても、水の飲み過ぎで内臓に負担をかけてしまいますね。

「溶存水素濃度が高い!」ということは、経済的にも身体的にも、毎日飲み続けられることに繋がり、水素のチカラを体感しやすくなります。

とにかく水素水が濃いんです

水素水7.0ppmは間違いなく、今一番濃い水素水です。
安心して水素水の効果を実感したい方は、超高濃度の、aquela水素水7.0ppmをお試し下さい。

あなたの生活習慣が変わるかも知れません。