1. 高濃度水素水-バンビ-

    溶存水素濃度 4.0
    生成時間 3.5
    初期費用 3.0
    コスパ 5.0
    価格:
    49,800円(税抜)

    電気分解式では最高の1.4ppm!

    携帯型水素水生成器が更に進化しましたね。

    1.0ppmを軽く超える、1.4ppmの水素水が飲めるようになりました!

    持ち運べるのが利点の携帯用水素水サーバーですが、これほどの高濃度が作りだせるなら据置型の水素水サーバーと変わらない性能。

    本当にびっくりするほどの溶存水素濃度ですね。携帯用も次の時代に突入したか!と言う感じです。

    バンビ公式サイト

    電気分解特有の臭いはカット!

    電気分解式で気にされるのは、臭いでしょう。使ったことある人はわかると思いますが、オゾン独特の臭いがするんです。

    ですが、バンビならその心配はありません。

    バンビの特許技術で電気分解から生じる臭いをカットしています。臭いが苦手な人も大丈夫ですね。

    水道水も使える

    携帯用水素水サーバーは、水を買う必用がないと思って買ったら、水道水が使えなかった・・・

    そんな経験ありませんか?水道水が使えなかったら安く使える意味がないじゃん!

    バンビは水道水も使えます。水道水をなめらかで美味しい水素水に変えてくれます。

    シェア出来る水素水生成器

    ボトル式は個人のもの。そういう感覚が強いですよね。

    口を付けるものですから、シェアしたくない。家族であっても別々に持ちたい。そう思うのも仕方ありません。

    ですが、バンビは違います。

    付属のボトルから生成する部分を取り外すことが可能。そして自分で用意したマグカップに入れて生成することも出来るんです。

    バンビを一つ購入して、みんなのマグカップで水素水を生成する。みんなでバンビをシェアすることが出来るのです。

    バッテリ不要

    バンビは、専用のアダプタでつなぎます。バッテリーは不要なんです。

    バッテリーがあるといつも充電のことが気になりますが、コンセント直結で水素水が出来ます。

    外出時にコンセントがない場合は、バッテリーが別売りであります。使用用途に合わせて選択できるのが嬉しいですね。

    バンビのコスパ

    3年間は電極の交換は不要です。(使用状況にもよりますので前後はします)

    今回は交換するまでの3年間でコストを計算してみましょう。(ちなみに、電極交換する場合は、8,900円です。)

    本体台が、53,748円(税込)で3年間飲み続けたとすると、1,095回飲めますね。

    53,748円 ÷ 1,095 = 49.1円/日

    水道水を使えば、1日50円!(3年以上飲めば、もっとコストは下がります。)

    矢印バンビ