ボトル型水素水生成器の特長は、携帯性と水素濃度のバランスにあると思います。

携帯性で言えば、スティック型に軍配はあがります。
ですが、スティック型生成器の場合も、水を入れるものは必要ですよね。
作った水素水を持ち運ぶのであれば、ペットボトルを持ち歩くか、水素水生成ボトルを持ち歩くかの違いになります。

どちらか持ち運ぶのですから、そういう点で考えると、スティック型もボトル型も携帯性は同じようなものかも知れません。

ボトル型は携帯性にも優れ、そして水素水生成にも長けていると言えます。
いつでもどこでも作れる携帯性と、高濃度の水素水。
水素水7.0ppmの場合は、超過飽和状態の水素水が作り出せます。
凄いですよね。

また、「ポケット」の場合はボトル自体が水素水生成器なので、水素が抜けてしまっても何度でも水素を添加することが可能です。

ボトル式の水素水生成器は、外でスポーツをする方にはなくてはならないものになるのではないでしょうか?
運動後に、水素水を飲むと疲れにくいと言われています。
運動後の活性酸素を除去し、酸化を防ぐ為です。
フィットネスジムに水素水サーバーが置いてあるのもそう言った理由からですね。
運動後の水素水が効果的なのです。

ボトル式の場合は、水道水やスポーツ飲料を入れて水素を添加することが出来ます。
飲む前にスイッチポンです。

ボトル式水素水生成器は、携帯性と水素水濃度のバランスが優れていることが長所と言えます。

ボトル式売れ筋ランキング