水素水に関する質問

水素水の保存容器がアルミパウチなのはなぜ?
容器の中に空気を入れないようにする為
水素水の水素は、抜けやすいことで有名ですね。水素は、世界一小さな分子なので、どんなものでも通過してしまいます。

その中でも、抜けにくいとされているのがアルミです。水素水の容器に、アルミパウチが使われているのは、そのためなのですね。

でも、アルミが抜けにくいのなら、別にアルミ缶でも良いのじゃない?って思いませんか?

私は、ずっとそれを思っていて、伊藤園がアルミ缶で出していたので、アルミ缶でも良いんじゃん!って思いました。

ですが、大抵の水素水はアルミパウチです。何が違うんだろう?って思っていたんですね。

答えはとっても簡単でした。

アルミは水素が通過しにくいので、材質としてアルミを選択するのは正解です。では、なぜ缶ではダメか。

それは・・・

容器の中の空気を抜かなければいけない為

容器の中に空気が残っていると、その空気に水素が漏れるのですね。外部に漏れることは少ないですが、内部にある空気に漏れると。

そして、栓を開けた時に空気と共に水素が抜けて行ってしまうのです。

缶に空気が残るから

上記のように、アルミ缶の場合はどうしても空気が入ってしまう。完全に空気を抜くことが出来ないのです。

一方アルミパウチですと、余分な空気を押し出して入れないようにすることが出来ますよね。

その為、アルミ缶ではなくアルミパウチが採用されているのです。

アルミパウチの豆知識

ところで、アルミパウチも万能ではありません。

ココから抜ける

アルミパウチでも、飲み口のところがアルミで出来ていませんよね?この部分が弱点で、この部分から少しずつ漏れていきます。

アルミパウチだからと言っても、どうしても水素が漏れるのは止められないんですね。

ですが、その漏れやすいのを改善した商品があります。それが、メロディアンの水素水です。

メロディアンのアルミパウチは考えましたね。この動画を見て下さい。

なんと、蓋の根元の部分をアルミで蓋がしてあります。そして、飲む時にそこを破って飲めるようになるのだと。

この発想は、他のメーカーさんにはないでしょうね。メロディアン恐るべし!

水素が抜けるのは、充填後、お客さんの元に届いて飲むまでの間ですから、しっかりカバーしてくれています。

蓋の中がアルミで覆われている新発想の水素水を知りたい方は、この下のリンクからどうぞ。
>>メロディアンの詳細はこちら<<

もう一つ、すごいことを考えた人がいます。それが、伊藤園です。

伊藤園は、飲み口のスパウトと言う部分にアルミを混ぜることによって、水素を抜けないような工夫をしています。

今のところ、スパウトの部分にまでアルミを混ぜてこだわっているのは伊藤園だけですね。これは、素晴らしい取り組みです。

一部、伊藤園は大丈夫か?怪しい水に手を出していないか?

などと言う話題が飛び交っていますが、新しいものが出てくるとどうしてもそういう情報が出てきますね。

水素水に関する論文もたくさん出ていますので、しっかり勉強して頂ければなと思います。

そういうことで、アルミパウチも万能ではないので、どうしても水素は抜けます。

どう頑張っても市販されている水素水には限界がありますから、一番濃い水素水を飲むのなら、自分で作るタイプを選んでくださいね。

そう、セブンウォーターのような水素水ですね!

セブンウォーター 公式サイトを見る
↑これです↑